不動産売却や投資に関するお役立ちインフォメーション

女の人

入居者もオーナーも安心

積み木

アパートやマンションを運営していけば、老後の保証にもなるということで、最近では多くの人が不動産投資を行なっています。一戸だけ物件を購入して貸し出すという場合でも、管理が難しい場合がありますが、それをサポートしてくれる業者もいるので安心です。そのサポートの中には家賃債務保証というものがあります。家賃債務保証は近年では物件を借りる人に利用され始めているものですが、広く物件の入居者を募集したいのであればこの制度を利用すると良いのです。いくつかの不動産業者が営業を行なっていますので、調べてみましょう。

請負業者と契約をすることで、家賃債務保証が利用できるのですが、これは家賃の支払い保証をしてくれるシステムです。業者にもよりますが、契約の際には費用は必要ないことが多いです。保証委託料は入居者が支払うことになりますので、オーナーは支出する必要はありません。契約の流れとしては、申込書と入居者の本人確認などで、それを含めて保証会社が審査をします。その後契約ということになります。家賃だけでなく、共益費の未払いなども対象になります。その他にも、更新料やハウスクリーニング代も代位弁済してもらうことができるので、督促の負担が減ってオーナーにとってはとても嬉しい制度となっています。督促の必要はないのですが、入居者は保証会社に返済をするということになりますので、どのように返済をしていくのかも把握しておくと良いでしょう。頼れる家賃債務保証業者であれば安心して管理を任せられます。