不動産売却や投資に関するお役立ちインフォメーション

女の人

実質利回りに注目

男性

副収入を得るために投資をしている人は珍しくありません。株よりも不動産投資は安全で、初心者がとっつきやすい方法だといわれています。しかし、難しいと感じることがないわけではありません。例えば、利回りのことです。利回りは収益物件を購入する際に検討して、一番利回りが良い物件を選びますが、この利回りについてなんとなく知っているが実は曖昧という人は多いのです。もし初心者向けや中級者向けの不動産投資セミナーがあるなら、参加してみることが大切です。中級者向けなら利益の出し方について踏み込んで教えてくれるので、収益物件の利回りについて曖昧になることはないでしょう。初心者向けなら本当に初歩的なことが教えられるので、上級者の人には物足りないかもしれませんが、分からないでそのままにしていたことがはっきりします。

では収益物件における利回りとは何かというと、簡単にいえば初期投資がいつ回収できるかです。これは割合で計算されますが、投資額がその分母になります。もし7%以下になるなら良い収益物件とはいえません。10%を超える物件なら良いだろうと安易に購入するのも止めておいた方が良いでしょう。利回りには実は二種類あり、表面利回りといわれる高い数字が出やすいものが、10%超えになっていると注意です。大事なのは実質利回りの方です。この実質利回りには諸経費が計算に入っています。不動産には固定資産税がかかってきますし、建築物は年月とともに劣化していくのが常です。修繕費も必要になりますので、そういったものが経費になり、これが実質利回りなのです。